注射で解消

美容外科で行われているボトックス注射は、ボツリヌス菌のA型毒素から製造されたワクチンを使った美容治療です。
これをしわの原因を生み出している原因となっている表情筋に施すことで、すべすべの肌を実現することができます。
ボトックス注射を行うことで、神経が筋肉に作用する部位で神経伝達物質の放出を抑えることができます。
その結果、表情筋の動きが抑制されてしわを改善することが可能となります。
ボトックス注射は、施術後2日から10日にかけて効果が定着します。
その効果には個人差があり、一般的には3ヶ月から6ヶ月の間持続することがわかっています。
永続的に効果を持続させるためには、定期的に施術を受けることが必要になります。

アンチエイイングケア

大掛かりな手術なしに手軽にしわ取りができるということで、美容外科ではボトックス注射が主流となっていますが、その他にもしわ取り目的の施術が存在します。
同じく注射を使用する施術としては、長期持続型ヒアルロン酸注入術があります。
ヒアルロン酸の保湿力によって若々しい肌を蘇らせることができます。
また、自分自身の脂肪を吸引してそれを顔に注入するという施術法もあります。
拒絶反応を引き起こすことなくふっくら若々しい肌を実現することができます。
その他、肌に良い成分を点滴するアンチエイジング注射や自分自身の血小板を使った皮膚再生治療法も存在しています。
それぞれの肌質や状況によって最適な施術を選ぶことが重要になります。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2016年9月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930